料飲店トレンドと繁盛店事例

ますます多様化する飲食業界において、繁盛店へのヒントとなる情報をお届けする「カクヤス navi ONLINE」。
「料飲店トレンドと繁盛店事例」では、日々料飲店様と接し、ともに歩んでいるカクヤスが、独自に分析した料飲店トレンドと繁盛店事例を紹介します。

お役立ち情報ページへログインをすると全ての記事を読むことができます。

ログインページへ

vol.20 神楽坂 豊富な経験と飽くなき探究心から生まれるこだわりのおでん店

2020年3月17日

神楽坂。落ち着いた雰囲気の坂道を中心に、大小様々な個性的な店舗が軒を連ねる。今や都内の食通が注目する大人のグルメスポットとなったこの街に、夜な夜な人で溢れかえる一件のおでん店がある。

vol.19 注目されるスパイス料理で人気の街バル

2020年3月3日

業界での経験が豊かな新世代系のオーナーによる、新しいスタイルの料飲業態が増加してきています。
また、世代群の多層化によって、料飲に対する価値「感」も変化や深化を見せていて、マーケットの多様化、細分化が起きてきています。

vol.18 料飲店の新・激戦区『新虎通り』で生き残りを賭ける和ビストロ

2020年2月19日

いよいよ開催が目前に迫ってきた2020年の東京オリンピック・パラリンピック。東京都では選手村とスタジアム間の動線をスムーズにするため、虎ノ門と新橋を一直線に結び、築地方面につなぐ環状2号線=通称「新虎(しんとら)通り」の開発が着々と進められています。今回はこの新虎通りに、2018年にオープンし人気店となっているビストロを紹介します。

vol.17 『北海道・枝幸産ホタテ』の一食材で勝負を賭ける居酒屋

2019年11月28日

観光地で営業する飲食店は、どこもアプローチが似てしまいがち。観光客を相手にする以上、その土地の名産品を使ったメニューやご当地グルメを提供することが、ほぼ宿命づけられているためです。では、その中でどのように他店と差別化を図り、集客につなげればよいのか。

vol.16 ステーキが290円!気鋭の超コスパ肉バル

2019年11月6日

ここ数年の間でも、「熟成肉」「ローストビーフ丼」「ひとり焼肉」「立ち食いステーキ専門店」といったワードが外食業界のトレンドに挙がっており、消費者ニーズの多様化に合わせるように、“肉業態”は目覚ましいスピードで進化を続けています。そうなると当然、新規参入も多く、競争はますます激化。

vol.15 目指せ脱現金化!キャッシュレス料飲店

2019年10月15日

来年2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」開催に伴う訪日外国人の増加を見据えて、キャッシュレス決済の導入が国内で広がりを見せつつあります。2018年4月には経済産業省が、キャッシュレス決済の比率を2025年までに40%に高める「キャッシュレス・ビジョン」を策定。

vol.14 繁盛バルの『リバーサイド(水辺)立地』活用事例

2019年9月18日

アルコールと一緒に一品料理やコースメニューを出すバルやビストロのような業態では、客の滞在時間が長く、料理の味やサービス同様に雰囲気作りが重要です。滞在中に感じた「素敵なお店だったね」という心象は女性客に強烈なインパクトを残し、口コミや次の来店動機に直結するため人気店はさまざまな工夫をしています。

vol.13 レモンサワー専門店の差別化戦略

2019年9月6日

“若者の酒離れ”が飲食業界の課題に挙げられて久しいですが、ここ数年で例外的に消費量を伸ばし続けているお酒がレモンサワー。2017年には「外食アワード」の外食キーワードに選出、2018年には全国7都市でレモンサワーに特化したイベントが開催されるなど、ハイボールに続く定番アルコール飲料として、地位を確立しつつあります。

vol.12 外食における新発想! 原価系料飲店

2019年8月16日

観光地で営業する飲食店は、どこもアプローチが似てしまいがち。観光客を相手にする以上、その土地の名産品を使ったメニューやご当地グルメを提供することが、ほぼ宿命づけられているためです。では、その中でどのように他店と差別化を図り、集客につなげればよいのか。

vol.11 “特化系飲み放題”が人気のビュッフェレストラン

2019年7月26日

ここ数年で食べ放題・飲み放題を導入する料飲店はますます増えています。集客力が強く、一定の客単価が取れる魅力的なビジネスモデルではありますが、競合店との差別化が図りにくく、目新しさが失われやすい=飽きられやすいという側面もあります。経営を安定させるには、他にはない個性的な「ウリ」がほしいところ。

vol.10 顧客満足度が命! 日本酒飲み放題専門店

2019年6月14日

1970年代以降は縮小傾向にあった日本酒市場ですが、世界的な日本食ブームの後押しもあり、ここ数年で息を吹き返してきています。国内でも地酒にこだわった料飲店や、日本酒をテーマにしたイベントが今なお増え続けており、まだまだブームは続きそうな様子。そんな中、首都圏で注目を集めているのが、セルフ方式の「日本酒飲み比べ」業態。従来の料飲店とは異なる気軽なスタイルで、普段は日本酒に馴染みの薄い20代の若年層からも支持を獲得しています。

vol.9 渋谷の隠れた『大人地区』で強烈に支持されるワインビストロ

2019年6月5日

日本国内のワイン消費量は増加の一途、2010年代からは低価格輸入ワイン市場の広がりもあり、ワインと一緒に小皿料理をつまむビストロやバル業態も都内に続々オープンし、激しい戦いを繰り広げています。なかでも繁盛店が密集する東京・渋谷で2018年12月にオープン、開業後半年を待たずにリピーターを増やし続ける「ON the WINE(オンザワイン)」の取り組みをピックアップします。

vol.8 地産地消の『その先』へ! 地域密着型ブルワリー

2019年4月18日

1994年の酒税法改正をきっかけに誕生した、国内のクラフトビール産業。ここ10年で販売数量は増加の一途をたどり市場は脚光を浴びていますが、その一方で、数年で姿を消してしまうマイクロブルワリーも少なくありません。大手メーカーの本格参入により競争も激化する中で、小規模事業者がとるべき道とは。 国産ビール発祥の地とされる神奈川県横浜市で20年の実績を持つ、「横浜ビール」の取り組みをピックアップします。

vol.7 差別化がファンを生む! 個性が光るご当地店

2019年3月8日

観光地で営業する料飲店は、どこもアプローチが似てしまいがち。観光客を相手にする以上、その土地の名産品を使ったメニューやご当地グルメを提供することが、ほぼ宿命づけられているためです。では、その中でどのように他店と差別化を図り、集客につなげればよいのか。近年急速に観光地化がすすむ神奈川県横須賀市の「楽島モアイモ食堂」の取り組みをピックアップします。

vol.6 「立ってでも飲みたい」お客が殺到!立ち飲み有力店

2018年10月15日

省スペース・低投資で始められるのが魅力の立ち飲みですが、ヒットさせるにはお客に「立ってでも飲みたい」と思わせる仕掛けが必要です。他店にはない魅力を兼ね備え、ヒットしている立ち飲み店をピックアップ。立ち飲みとは侮れないクオリティに驚かされます。

vol.5 やっぱり強い!焼き肉業態のニュータイプ有力店

2018年10月15日

昔から飲食業界で人気コンテンツである焼肉ですが、時代が流れても根強い人気は相変わらず。老舗だけでなく、新世代経営者がリードする新しい焼き肉スタイルも台頭しています。今回は、若い世代のニーズにも応え、マーケットを拡大させたニュータイプの有力焼肉店の事例を紹介します。

vol.4 焼き肉店が続々と大衆酒場業態に参入。今、もつ焼き大衆酒場が熱い!

2018年10月15日

焼肉店が、新たにもつ焼きをキラーコンテンツにした大衆酒場を始めています。焼肉店ならではのノウハウや仕入れルートを生かし、高付加価値のもつ焼きを提供し、大衆酒場市場で差別化を図っています。今回は、そんな焼肉店が展開するもつ焼き大衆酒場の事例を紹介します。

vol.3 確かな目利きと調理技術で、オリジナリティある業態に昇華させた進化系魚酒場に注目

2018年10月15日

魚に対するプロフェショナルな技術は当たり前、オリジナリティを兼ね備えて差別化に成功している魚専門業態を取り上げます。和から洋まで、多彩な魚業態の店を紹介。

vol.2 地方の魅力を料飲店でPR、「ミッション系」酒場

2018年8月25日

オーナーが熱い思いを持って、“地方活性化というミッションを掲げ、その地方で生産される素材を生かした料理や、その地方の郷土料理などを提供し、その魅力をアピールする居酒屋、「ミッション系酒場」が東京に増えています。

vol.1 広がる普段着のビストロ酒場

2018年8月25日

レストラン顔負けの本物フレンチとソムリエが選ぶワインを、カジュアルなビストロスタイルに凝縮した「ビストロ酒場」に注目。今時のビストロはサワーやクラフトビール等、お酒もワイン以外に豊富。ハイクオリティな商品でありながらも“普段着”で通える手軽さ・価格設定が受け、集客に成功している繁盛店事例を紹介します。

商業施設特集 vol.2 開業ラッシュの商業施設。その特性と注目の飲食店は?

2019年2月12日

近年、ますます「食」コンテンツの注目が高まり、商業施設では、アパレルや雑貨などの小売店よりも料飲店テナントを誘致するケースが以前に比べて格段に増えています。今回は、丸の内の新たなランドマークを目指す、「二重橋スクエア」について紹介&考察します。

商業施設特集 vol.1 開業ラッシュの商業施設。その特性と注目の飲食店は?

2019年2月12日

2020年の東京オリンピック開催に向けて再開発が進む東京。それに合わせ、商業施設の開業ラッシュが続いています。渋谷の大規模再開発の目玉、「渋谷ストリーム」について紹介&考察します。

お役立ち情報ページへログインをすると全ての記事を読むことができます。

ログインページへ

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。

妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだ後はリサイクル。

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。

20歳未満の飲酒防止のため年齢確認をさせて頂いております。予めご了承ください。

なんでも酒屋 カクヤス

Copyright © KAKUYASU. All rights reserved.

ページトップへ